キャンドルを灯す際に、最も気をつけるコトといえば・・

Pocket

心ときめく可愛いキャンドルを
あなたの手で形にする
手作りキャンドル教室
Prunelle Candle(プルネルキャンドル)の
八木瞳です。

キャンドルを灯す際に 最も気をつけなければいけないこと。
それは・・『安全』です!

キャンドルは火を灯すことによって
それぞれの明かりを楽しんだり
リラックス効果があったりして
本来の魅力が楽しめますが、

場合によっては
火傷や火災の原因になるので
十分注意して灯さないといけません。
 
以下のことに気をつけてみてください!
 
 

・平らで安定した場所であるか
キャンドルを置いた場所が不安定な場合、 
転倒する可能性があり、危険です。
 
・カーテンなど燃えやすいものが近くにないか
壁紙に燃え移る可能性もありますので、 
壁の近くも避けたほうが良いです。
 
・落ちてきそうな物が上のほうにないか
キャンドルを置いている周りだけでは無く、 
目線の上のほうにも注意が必要です。
 
・風が直接当たらないか。
転倒したり、炎の動きによっては 
燃え移る可能性があります。
 
・熱に弱い素材の上はNG
キャンドルホルダーや耐熱性のお皿などに乗せ、 
使用してください。
 
・小さなお子さんやペットがいる場合、 
手の届かない場所で使用する。
 
 
 

あとは、安全を確保しても、
”キャンドルの側から離れないこと”ですね!
 
 
 

基本的なことばかりですが、 
とても大切なことなのでお伝えしました。

十分気をつけて癒しのキャンドルライフを 
楽しんでください^ ^

 
『キャンドルを灯す際に 
最も大事なことは安全』

というお話でした^ ^

Pocket

2017年05月17日 | Posted in キャンドルの取扱説明書 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です