【透明感のあるキャンドルが作れる】この夏挑戦したい!ジェルワックスの特徴

Pocket

あなたの手で形にする
手作りキャンドル教室
 
Prunelle Candle(プルネルキャンドル)の
八木瞳です。
 
 
 
今回はワックス(ロウ)の種類の一つ。
ジェルワックスについてご紹介します^ ^
 
 
このワックスの特徴は透明。ですので、
透明感のあるキャンドルが作れます。
 
 
これが手を加える前のジェルワックスです。
ジェルワックス
(これは袋に入った状態です)
 
 
常温だと、ぷるぷるしていて
ゼリーのようで食べれそうですが、
食べられません。笑
 
 
これが、熱を加えることによって
液状になります。
 
 
そして顔料などで色付けすると
更にゼリーのようになって
美味しそうですが、食べられません。笑
ジェルワックス
 
 
 
溶かす時に混ぜてしまうと
気泡が発生しますが、
あえて混ぜて気泡を生かした
キャンドルを作ることもできます^ ^
 
 
パラフィンワックスなどを溶かしたあと
同じビーカーや鍋でジェルを溶かすと
仕上がりが濁ってしまうので要注意です!
 
その場合は、キレイに拭いてから使ってくださいね!
 
 
その度にお掃除をするのが手間・・という方は
ジェルワックス専用のビーカーや鍋を
用意するといいですね^ ^
 
 
透明なキャンドルが作れるジェルワックス。
その特性を生かして、涼しげなキャンドルが作れます♪
 
中に貝殻やドライフラワーなどを入れるのもオシャレですよ!
近々ジェルワックスを使って色々作ってみようと思います^ ^
 

Pocket

2017年05月27日 | Posted in キャンドルの材料 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です