小さな気泡を無くしピカピカのキャンドルを作る方法

Pocket

心ときめく可愛いキャンドルを
あなたの手で形にする
山口県の手作りキャンドル教室
 
Prunelle Candle(プルネルキャンドル)の
八木瞳です。
 
 
 
キャンドルを作る時に
こんなキャンドルができたことがありませんか?
小さな気泡があるキャンドル

小さな気泡が沢山ありますね!
 
作品によってはわざと
気泡を出して作る場合がありますが、
 
今回は、
この気泡を無くしピカピカの
キャンドルを作る方法
をご紹介します^ ^
 
 

小さな気泡ができる原因は?

 
原因の一つとして
流し入れるロウと型の温度差によって
小さな気泡が発生します。
 
 
冷たい型の中に高い温度のロウを入れると
小さな気泡ができるのです。
 

ですので、
この温度差を少なくすれば
小さな気泡が無くなり、
ピカピカのキャンドルになる

ということですね^ ^
 
 
温度差による気泡の発生は、
キャンドルだけではなく・・
 
例えば、
マニキュアを塗るときに、
気泡ができる原因の一つとして
マニキュアと指の温度の差が
関係している場合もあるそうですよ!
 

キャンドルの気泡を無くすための方法

 
ピカピカのキャンドルを作るには
流し入れるロウと型の
温度を近づける必要があります。
 
 
その方法は・・
ロウを型に流し入れる前に、
あらかじめ型を温めます。

 
 
温める方法として
気軽にできるのは、ドライヤーです。
 
型をドライヤーで温める

ただ、ドライヤーは風量がありますので
周りの物の散らかりに注意です^^;
 
 
その他に温める方法は、
流し入れるロウを型に入れて温めてから
一旦鍋に戻し、また型に流し入れるのも
アリです^ ^
 
 
 
小さな気泡が無い
ピカピカのキャンドルを
作ってみたい!という方は
  
型をあらかじめ温めておいて
ロウを流し入れる

 
ということをお試し下さい^ ^
 
 

Pocket

2017年08月22日 | Posted in キャンドル作りのコツ | | No Comments » 

関連記事