キャンドルを長持ちさせるにはコツがある。最初の○○が肝心!

Pocket

心ときめく可愛いキャンドルを
あなたの手で形にする
手作りキャンドル教室

Prunelle Candle
(プルネルキャンドル)の
八木瞳です。
 
 
 
せっかくのキレイなキャンドル。
できるだけ長く使いたいですよね^ ^
火を灯したキンドル
 
今回は
キャンドルを長持ちさせるための
コツをご紹介します。
 
 
キャンドルを長持ちするために肝心なのは
一番初めに火を灯す時の時間です!
 
 
 
何故かといいますと、2回目に火を灯す時に
1回目に新品のキャンドルを灯して、
溶けた部分しか溶けないからです。

 
すると、周りに残ったロウは残ってしまうんです!
 
 
 
例えば、1回目新品のキャンドルを灯した時
このくらい溶けたとします。
赤いキャンドル
 
2回目同じキャンドルを灯す時に
1回目に灯したところ(画像のロウが溶けているところ)
しか溶けないのです。
 
 
そうすると、
ロウが溶けていないところは溶けずに
残ってしまいます。
 
勿体無いですね!
 
 
 
一番初めに火を灯す時の時間ですが、
キャンドルの大きさによって違ってきます。
 
ポイントは、
表面のキャンドルが全て溶けるまで火をつけておくです!
 
 
何事も初めが肝心ですね!
 
 
初めに火を灯す時に表面が全て溶けていたら、
最後までキレイにキレイに溶けますよ!
ぜひお試しください✳︎
 
 
キャンドルを長持ちさせるには
一番初めに火を灯した時に
表面のキャンドルが全て溶けるまで
火を灯しておくことが大切!

 
というお話でした^ ^

Pocket

2017年05月27日 | Posted in キャンドルの取扱説明書 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です